lahu-dreamer 世界一周までの道のり

ラフにいこうぜ。世界一周を目指して、まずは日本旅行。
ラフな日常をシェアしていけたらなと思います。

然別湖コタン 世界唯一の混浴露天風呂!?


こんにちは!


ブログ初挑戦中 ラフ ドリーマー の たろちゃんです。


世界一周を三年以内に叶えるにはまず、日本をしらなくては!!
前回、自己紹介でも写真を貼ったりしていたのですが、私は北海道の帯広育ちです。
どさんこってやつです。 どさんこって何か特徴あるのかな。笑
江戸っ子は我慢強いとか、暑い風呂が好きだとかは友達から聞いたことあるけど...



ってなわけで、今日は北海道の中央 大雪山国立公園南部の鹿追町というところにある然別湖の冬スタイル。然別湖コタンを紹介します。ここオススメです!



私(写真右)が然別湖を訪れたのは確か2015年の冬 2月末頃
天気もよく息抜きに観光したくて仲間を連れて車で行ってきました。
北海道の十勝エリアは誰がなんと言おうと車がマスト。ないとラフな旅ができるとは毛頭言えない、、、、


ちなみに、2月の北海道は年内で一番どか雪に恵まれる月だから 雪国をenjoyしたいならもってこいの時期。


朝帯広市を出て到着まではあっという間 なにもない雪っ原と思うことなかれ 笑
見てよ。


この冷たい目線


この無機質な馬の表情


北国ならではって感じたよね


さて、
きつねに会い、50円を餌にいきるハードボイルドなお馬さんでカウボーイしたりしている間に 目的地に到着!
だいたい、1時間くらいきつねと馬を乗り継げば到着します。到着するまでは目印とかそんなないから少し不安になるかもね 笑


湖に氷が張ってその上に雪が積もって地面みたくなっているので、水の上にいるぞ!っていう感覚はそんなにないで 安心してどうぞ
ジャンプとかすると怖い気はするよね。割れたら凍死です。


陸から、凍死の渦までの階段を降りると雪面に小さなかまくらが列を作ってた。





ここは、住民の皆様が ”寒さと雪の恵を、自然を利用した造形美でお届けしたい” と想い、写真にある イグルー (イヌイットの氷の家をなぞらえたもの)
を湖の上に造ってみたのが最初?みたいだよ
今は 雪上バギーに乗って遊んだり、アイスバーでジュース 酒を楽しみ、イグルーに実際に入ったりできます。


そんでも、こんな寒い中にもオアシスがちゃんとあります。



世界唯一の氷上露天混浴温泉 


何から何まで寒さで出来ているこの湖ではもちろん、脱衣場も雪と氷でできています。
脱衣場の床には慈悲で木の板と一人分のシャワーカーテンで区切られたスペースがありますが 極寒 


いいですか。


極寒です


極めて寒いです
寒さの極みだ!!!
わかったか!!!


痛いっていう感覚しかない

友達はもう嬉しくなっちゃってます。


この極みの時間を超えた後に 待っています。
天国!!


天然温泉最高ーー!
あったけー!
超ーー気持ちGood!!!




泉色は太陽に照らされてか、オレンジとエメラルドグリーンの幻想色。
極寒に足を踏み出したものにしか、世界唯一の感情は味わえません。


私のブログを見た方は、必ず行ってくれるでしょう。
感想待ってます。



その後こんな小さいイグルー入場も果たし



協会?コンサートホール?を見学し


冬の然別湖を堪能し、帰路に向かいます。


帰路にはムーミン好きなオーナーが経営するカフェがあったり
景色が綺麗な休憩所があり、一本道を変えるだけでラフライフを過ごせます。


(真ん中 私です)



次回は関東の旅行記事をアップしていくので
見た方はいいねや、コメントまってます:D


Thank you!








修学旅行の夜みたい!に、はしゃがない?【バリアン女子会】